エコラロゴマーク
エコラとは…西播古紙協同組合の考え
エコパック事業系古紙の小口回収
姫路ペーパー再生紙トイレットペーパー
機密書類の処理
シュレッダー処理後の古紙回収
会社概要
お問い合わせ
トップ
エコラキャラ
ますます深刻化するごみ問題。私たちは、今よりもっとリサイクルえお考えなければなりません。
リサイクルの図
商品や包装材として、一般使用された後のゴミは再利用できる資源として回収し、選別され原料として製造メーカーに販売されます。製造メーカーは、他の原料と調合して、新しく商品化し販売店に出荷。再び消費者が利用してゴミとして排出されます。この流れの繰り返しがリサイクルです。
サービスの概要    
 現代社会が抱えているゴミ問題は、近年の大量生産→大量消費→大量廃棄という大消費社会がもたらした、起こるべくして起こった問題であるといえます。使い捨てが主流になった現在、「物を大切に」との思いを忘れ、「使い捨て」が富の象徴であるかのような、誤った意識が生まれるに至っています。ゴミの増加は熱帯雨林などの自然破壊やCO2による地球の温暖化、大気汚染、ダイオキシン、環境ホルモン他様々な所で地球に影響を与えています。
このような現状の中、ゴミの減量化の手段としてのリサイクル運動があります。限りある資源を有効に、また合理的に活用し、自然保護に努めることが私たちの生活環境を守ることにつながります。
私たち西播古紙協同組合は、地域における古紙回収業者の確かなネットワークで幅広い資源のリサイクルに努め、広い視野に立って未来の環境とゴミの減量化に努めています。
 古紙組合は、姫路市より粗大ゴミステーションにおける古紙回収(資源ゴミの内)と、市民団体により実施される集団回収の古紙の収集運搬の委託を受ける協同組合です。
組合理念    
環境の保護と資源の保全に貢献し、一つでも多くの資源のリサイクルを推進できるよう努力する。

その使命に誇りを持ち、仕事が生き甲斐に思えるよう、明るく社会に貢献できるシステム・職場づくりを目指す。
組合組織    
平成27年4月末現在  古紙回収専業者11社により組織する。
組合業務内容    
【古紙回収】

一般家庭……段ボール、新聞、雑誌
事業所………段ボール、新聞、雑誌、オフィス古紙(機密書類)

※機密書類に関しては、回収した後、そのまま製造メーカーへ搬入し、溶解処理を行います。
  製造メーカーで溶解(立会可)し、処理されるシステムが確立されています。
回収した古紙の98%は新しい紙となり、残り2%は建築材として利用されています。

【古布類回収】

一般家庭
古着として外国に輸出されるか、また機械清掃用のウエスとして利用されています。


【アルミ缶回収】

一般家庭
回収されたアルミ缶は、加熱して溶かし原料として色々な商品に生まれ変わり利用されています。

西播古紙協同組合は、姫路市より古紙回収業務を委託されています。

 
西播古紙協同組合
会社概要 お問い合わせ プライバシーポリシー トップ
 
Copyright(c) SEIBANKOSHIKYUDOKUMIAI All Rights Reserved.